グレートオーシャンロードで最高のサンセットを見る方法

はじめに

今回は、グレートオーシャンロードでサンセットを見たい!と考えている方に、その方法についてご紹介していきます。グレートオーシャンロードは西側に位置している場所なのでサンセットがすごく綺麗。しかし、時間的な問題からなかなかツアーでは、サンセットを見るということができないのも事実。それでも、最高に綺麗なサンセットの写真を残したい、サンセットフェチ(?)という方のために、サンセットを見る方法の提案、そしてシーズン毎の魅力などについてご案内します。

1. サンセット、グレートオーシャンロードツアーは、チャーターで!

グレートオーシャンロードのサンセット Scene-A-Rooシーナルーツアー

今の所、サンセット・グレートオーシャンロードツアーを運行しているのは、英語ツアーのみとなっており、日本語ツアーでの運行は、ないのが現状です。それでも、チャーターを利用すれば、日本語ガイドで行くことが可能。詳しくはプライベートチャーターツアーの詳細からご覧ください。貸切?ってお高くない?と思っている方も、お手頃な価格を準備しているのでご安心を。まずは一度確認してみてください。 >>プライベートチャーターツアーへ

2. 一年中、様々な表情を見せてくれるグレートオーシャンロードのサンセット

グレートオーシャンロードのサンセット(イメージ提供: Toursim Australia)

あなたは、どんなサンセットが好きですか? 晴れ渡った日の夕焼けは、ダイナミックな色で空と海、そして12使徒岩を染めるサンセット。それとも、立ち込めた雲の中に落ちていく夕日が、雲の中から、柔らかいグラデーションで辺りを染めていくサンセット。晴れている日、曇りの日、雨嵐の日、夏、冬と毎日訪れるサンセットは、2度と同じものがありません。それは、まさに自然が作り出した芸術作品。

3. シーナルーのおすすめは、冬のサンセット

南極行きの飛行機も飛んでいるくらい南極の近いオーストラリア・メルボルンの夏の日没は夜の9時ごろ。夏の日没が遅いことで、昼間のアクティビティーが思いっきり楽しめることができるのが、夏のいいところですが、グレートオーシャンロードでサンセットを見た後に街に戻ってくると、午前0時を超えてしまうこともあります。夏のサンセットも、もちろん素敵ですが、Scene-A-Rooのおすすめは、冬のサンセット。
冬のキリッとした冷たい空気の空が澄んでいる冬のグレートオーシャンロードのサンセットは、晴れても、曇っても、息をのむ美しさです。

グレートオーシャンロードのサンセット(イメージ提供: Toursim Australia)

ツアー以外にグレートオーシャンロードのサンセットを見る方法

一番初めに英語ツアーならサンセットツアーを運行しているとご紹介しましたが、これまでの英語ツアーに参加したお客様からよく聞くことは、”やはり日本語が良いね”ということ。英語が得意な人でも、現地に来てみると全然通じない、理解できないということは、当たり前に起こることだと個人的には思います。旅行というのは、内容をしっかり理解した上で楽しさが出てくるものだと思うので、自分にどっちがあっているかなと考えた上で申し込みましょう。ここからは個人的な意見になってしまいますが、日本語ツアーというのは、言語だけのメリットだけではありません。自分と同じ環境(日本)を知っている現地の人から聞く話は、色々な面で、お客様自身の視野を広げてくれる可能性があります。”旅行=観光地に行く”だけではなくご自身の新しい発見もあるのではないかと思います。

シーナルーでは、プライベートチャーター(貸切り)ツアーをご用意しています。ご自分に合ったプランを見つけることも可能なので確認してみて下さい。

>>プライベートチャーターツアーへ